• お店
  • 北九州のさまざまなお店を紹介します。

九州初出店の「台湾屋台 士林」が小倉にオープン! 生タピオカが自慢

画像提供:台湾屋台 士林

9月4日、台湾フードと台湾スイーツのお店「台湾屋台 士林(しーりん)」が小倉北区・魚町銀天街内にオープンしました。静岡、大阪に続く3号店で、九州初出店です。

オープン記念として、9月4日から6日まで、「台湾屋台 士林」インスタグラムアカウントをフォローし、レジでフォロー画面を見せると、各日先着100人限定に、人気No.1の「沖縄黒糖ミルク」Sサイズが無料でプレゼントされます。

毎日店内で手ごねして作る、できたての“生”タピオカが自慢

おススメは、お店自慢の“生”タピオカを使用したタピオカドリンク(7種類)です。

タピオカは台湾から取り寄せたタピオカ粉を店内で毎日手ごねして作ったもので、できたての生タピオカをおいしい状態で提供してくれます。タイミングが合えば、生地を手ごねしているところを目の前で見ることができるといいます。

ダントツの人気No.1メニュー「沖縄黒糖ミルク」

タピオカドリンクは、ミルク系3種、ティー系4種を用意。

「沖縄黒糖ミルク」「京都宇治抹茶ミルク」「スペシャルマンゴーミルク」「アッサムミルクティー」「ジャスミンミルクティー」「烏龍ミルクティー」「ほうじ茶ミルクティー」の合計7種類のメニューがあります。

このうち、ダントツの人気は「沖縄黒糖ミルク」(Mサイズ580円、Lサイズ680円)だそう。もちもちの自家製タピオカと上品な甘さのミルクティー、厳選された沖縄黒糖を使って店内で手作りされたシロップがバランスよくマッチ。甘さが選べるので、甘党の人はもちろん、甘いのが得意でない人も、自分好みの甘さで楽しむことができます。

甘さや氷の量など、自分の好みでカスタマイズできます

甘さは、ミルク系は「ひかえめ(50%)」「普通(100%)」「甘め(150%)」、ティー系は「無糖(0%)」「ひかえめ(50%)」「普通(100%)」「甘め(150%)」の中から選べます。

氷の量は、「少なめ」「普通」「多め」の中からチョイス。氷なし(Mサイズ+70円、Lサイズ+100円)も可能です。ドリンクによっては、ホットも選べます。また、+100円でタピオカ増量(50g)も可能です。

9月中には「台湾からあげ」といったフードもお目見え

現在はドリンクのみの提供となっていますが、準備が整い次第(9月中を予定)には「台湾からあげ」や「台湾ポテト」など、台湾の屋台で食べられるような台湾フードも登場予定とのこと。すべてのメニューが揃う日が待ち遠しいですね。

店名 「台湾屋台 士林」小倉店
住所 北九州市小倉北区魚町2-2-10
電話番号 093-967-1455
営業時間 12:00~20:00

(北九州ノコト編集部)

関連記事一覧