軍艦防波堤|駆逐艦「柳」の形がはっきりと 『土木』としても見どころあり

風力発電の風車、工場や港を行き来するトラックなど産業が盛んな響灘工業団地の響灘埠頭0・1号岸壁方面に向かったところに「軍艦防波堤(正式名称:響灘沈艦護岸)」があります。この響灘に埋められたのは駆逐艦「柳」「凉月」「冬月」ですが、今も見ることができるのは「柳」のみ。船の上部の形もはっきりとあらわれています。この防波堤は軍艦としての見どころはもちろんですが、近代土木遺産としても選定されていて土木としても見どころがあります。ここからは洞海湾に架かる若戸大橋から日本製鐵の工場まで北九州らしい風景を見渡すことができます。

名称 軍艦防波堤
所在地 北九州市若松区響町1丁目 響灘埠頭(0・1号岸壁方面)

関連スポット・お店

  1. 花café|漫画家・陸奥A子さんの世界観広がる

  2. 九州鉄道記念館|懐かしい車両の展示や本格操縦体験など

  3. ふじや|若松で長年愛されるメニュー豊富なうどん店

  4. 北九州市ほたる館|ヘイケボタルを1年中飼育

  5. 旧古河鉱業若松ビル|日本遺産にも登録された南海岸通りを象徴する建物

  6. 響灘ビオトープ|希少な生き物が生息する日本最大級のビオトープ

  7. 門司港駅|九州の玄関口 駅舎は国の重要文化財

  8. わたせせいぞうギャラリー|有料ギャラリーには門司港の風景を背景にしたイラストなども展示

  9. 門司電気通信レトロ館|『電話の歴史』を遊びながら学べる