シロヤ小倉店限定「ふるしゅわ台湾カステラ」新登場

サニーパンやオムレットなどが北九州名物として愛され続けている人気ベーカリー「シロヤ」。

北九州市内に3店舗ありますが、そのうちの1つ「シロヤ小倉店」に、6月7日、いま人気の「台湾カステラ」が新登場しました。

連日完売が続いている話題の商品を、ようやく「北九州ノコト」編集部もゲット。さっそく食べてみました。

そのまま食べてもアレンジしてもOK

小倉店限定の「ふるしゅわ台湾カステラ」(790円)は、同店が開発に数カ月をかけた自信作とのこと。

表面には、シロヤのロゴの焼印が押されてあります。大きめに切り分け、いざ実食。

味宝卵をたっぷり使っているというきめ細やかな生地は、食べると「しっとり」「ふわふわ」「しゅわしゅわ」。

どの形容詞も当てはまってしまう、驚くほどやさしい口当たりに、ついつい食べ進んでしまいます。

気付けば丸ごと食べてしまいそうな、食べすぎ注意の魅惑の一品。今回はそのまま味わいましたが、クリームを挟んだり、フレンチトーストのように香ばしく焼いてみたりして、アレンジしてみるのもおもしろいかもしれません。

ふるしゅわ台湾カステラ」は1日限定約20個の販売で、購入は1人1つまで。

開店の午前10時から販売開始。予約・配送不可とのことです。

■住所/北九州市小倉北区京町2-6-14

※2021年6月18日現在の情報です

(北九州ノコト編集部)

 

関連記事一覧