2年ぶりに開催「九州オクトーバーフェストin門司港」 地ビール3社が出店

10月9日(土)・10日(日)の2日間、門司港レトロ中央広場で「九州オクトーバーフェストin門司港」が2年ぶりに開催されます。

本場ドイツのミュンヘンで開催されている「オクトーバーフェスト」を再現するイベントで、今回は九州の地ビールメーカー3社が造った「フェストビア」の飲み比べが楽しめます。

九州の地ビールメーカー3社の「フェストビア」を飲み比べ

出店するのは、門司港レトロビール株式会社、熊本クラフトビール有限会社、宮崎ひでじビール株式会社。各社が造る「オクトーバーフェストビア」の味や香り、色などの違いを楽しみながら、味わいたいですね。なお、今回はジョッキでのビール販売は行われないとのことです。

イベント当日は、「宮崎地鶏の炭火焼き」「門司港名物焼きカレー」「ニュルンベルガー(ドイツソーセージ)」といったビールに合うグルメも販売されます。

開催日時は、10月9日・10日の午前11時から午後6時まで。ラストオーダーは午後5時30分です。

なお、今回のイベントは、座席は100席限定で滞在時間は2時間まで、ビールは1人5杯までの販売など、さまざまな新型コロナ感染対策が講じられています。

詳しい情報は「九州オクトーバーフェストin門司港」ホームページで確認できます。

※2021年10月8日現在の情報です

(北九州ノコト編集部)

関連記事一覧