• おでかけ
  • 北九州の「おでかけ」に関するさまざまな情報をご紹介します。

小倉北区の山田緑地公園は子どもの水遊びに最適! 入園無料で自然満喫

小倉北区山田町にある「山田緑地公園」は、自然観察学習施設として小中学校などの教育の場でも使用される、緑豊かな公園です。

小倉の中心街から車で20分ほどながら、手付かずの自然が多く残っています。入園料は無料なので、気軽にでかけることができます。

夏はやっぱり水遊び

駐車場から公園の入口ゲートをくぐってすぐのところには、広大な芝生広場があります。

テントやレジャーシートを持参してピクニックが楽しめますが、密にならないよう3メートル以上の間隔をあけて楽しみましょう。

通常は、サッカーボールやバスケットボールなど、広場で使える「お遊びグッズ」のレンタルを行っていますが、現在は新型コロナ感染拡大防止の観点から休止中です。

芝生広場はとても広く、ボール遊びやフリスビーなど身体を動かすには最適な場所なので、事前に用意しておくことをおすすめします!

芝生広場内にある、人工の小川「せせらぎ」では、暑い夏にうれしい水遊びが楽しめます。

小川の流れはゆるやかなので、小さなお子さまも存分に遊べます。一番深いところだと大人のひざ下あたりまで水があるので、遊ぶ場所によっては注意が必要です。

小川の周辺は、日よけがあるので大人も安心です。

日本最大級のログハウス「森の家」

芝生広場の横には、日本最大級のログハウス「森の家」があります。

館内は、園内に生息する生き物の生態について解説した展示コーナーや、休憩室、売店があります。お弁当を持参し、中で飲食することも可能です。

森の家はバリアフリーになっており、授乳室、おむつ替え台も設置されています。

車いす、アシスト歩行器を無料でレンタルすることも可能です。有料ではありますが、ベビーカーのレンタルや、コインロッカー(各100円/1回)もあるので、園内の散歩も気軽にできます。

緑の木々がカーテンに

園内は緑の木々がカーテン代わりになり、直射日光を避けられます。歩きやすく、ウォーキングにも最適です。

ウォーキングコースは、芝生広場周辺を歩く「ゆったりお散歩道コース」と、園内奥に設置されている「森のゲート」から自然観察路を歩く「健脚向きコース」の2つがあります。

「ゆったりお散歩道コース」は、人工池で水中にいるメダカやアメンボなどの生き物を観察できます。また、頂上には市内を一望できる展望台もあります。野草広場は、都市部であまり見かけない野草や、野鳥の観察も楽しむことが可能です。

「健脚向きコース」は峠を歩くコースなので、動きやすい恰好で行くことをおすすめします。イノシシのお風呂でもある「ヌタ場」や、どんぐりの木などユニークな形をした木が多くあります。所要時間は1時間半と、長めのコースです。こちらのコースは入場に記名が必要となります。

間近で見る「旧弾薬庫跡地」

山田緑地公園には、第二次世界大戦から戦後にかけて日本軍やアメリカ軍の「弾薬庫」がありました。その間、約半世紀にわたり、一般の人の立ち入りが制限されていたため、開発などが行われず、森の環境が保たれてきたといいます。

園内11か所の旧弾薬庫跡地は、見学することができるので、興味がある人はぜひ行ってみましょう。

歴史を感じながらウォーキングをするのも、山田緑地公園ならではの楽しみ方です。子どもから大人まで楽しめる、大自然に囲まれた「山田緑地公園」で、心も身体もリフレッシュしましょう。

(北九州ノコト・大畠あずさ)

◆山田緑地管理事務所

住所 北九州市小倉北区山田町
電話番号 093‐582‐4870
休園日 火曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)
駐車場 普通車 300円/1日(415台可)
中・大型車 1000円/1日(20台可)
公式HP https://yamada-park.jimdofree.com/

 

関連記事一覧