香川大介展覧会「海峡わたる森」 関門海峡ミュージアムで開催

4月24日(土)~5月9日(日)午前10時~午後5時(9日は同3時)、「関門海峡ミュージアム」(北九州市門司区西海岸1-3-3)の1階多目的ホールで、香川大介展覧会「海峡わたる森」が開催されます。

福岡県福津市出身の画家・香川大介さんは、フランスでのスケートボードデザインや絵画収入による日本徒歩縦断などを経て、現在は栃木県日光市在住。形にとらわれない“創作”そのものを中心とした生活をおくっています。

画像提供:関門海峡ミュージアム

今回、地元・福岡では実に15年ぶりとなる展覧会を開催。会場には細密画や立体作品が展示されるほか、会期中(4月27日を除く)には作家による公開制作も行われます。入場無料。

社会状況により、延期または中止の可能性があります。最新スケジュールは「関門海峡ミュージアム」ホームページで確認できます。

※2021年4月24日現在の情報です

(北九州ノコト編集部)

関連記事一覧