「ビエラ小倉」一部エリアが6月末先行オープン 4店舗が北九州エリア初出店

昨年10月末をもって一時閉館し、リニューアル工事中だった「小倉エキナカひまわりプラザ」。JR西日本不動産開発株式会社が展開する「VIERRA」ブランドの九州初店舗となる「VIERRA(ビエラ)小倉」として、7月末に全館開業する予定です。

それに先駆け、6月30日(水)午前11時に、3階カフェ・物販ゾーンが先行オープンすることが発表されました。

場所は小倉駅新幹線口の目の前 さまざまな場面で利用しやすい便利な立地

新幹線改札前3階入り口(イメージ)

今回のリニューアルコンセプトは、「Drop by Hangout – 都市の中のみんなのサードプレイス – 」。

「駅を利用されるお客様には待ち時間で、周辺にお住いの方々にはランチやカフェでの休憩で、観光のお客様にはお土産や名物のご購入にと、様々な場面で私たちの商業施設を利用していただき、ご利用いただく方にとってのお気に入りの場所の一つにしていただきたいという思いを込めました」と担当者。

施設のデザインは、木の持つあたたかみと集積する素材感で、日常の中で親しみやすい空間へ。北九州工業地帯の中心地として古くから「ものづくりの街」として発展し、職人気質の文化を積み上げてきたという、この街の文化的背景を踏まえつつ、デザインされたとのことです。

北九州エリア初出店の4店舗を含む16店舗が先行オープン

3階カフェ・物販ゾーン(イメージ)

今回先行オープンするのは、3階カフェ・物販ゾーン16店舗です。

このうち、「ハートブレッドアンティーク」「シナボン・シアトルズベストコーヒー」「3&~サンドとスカッシュ~」「台楽蛋糕」の4店舗が、北九州エリア初出店となります。

出店店舗(順不同)は、「ハートブレッドアンティーク」(ベーカリー)、「シナボン・シアトルズベストコーヒー」(カフェ)、「3&~サンドとスカッシュ~」(サンドとスカッシュ)、「台楽蛋糕(タイラクタンガオ)」(台湾カステラ&スイーツ)、「竹乃屋のやきとり」(博多ぐるぐるとりかわ)、「むっちゃん万十」(菓子)、「おにぎり処かば田」(惣菜)、「メルキド」(酒屋)、「平和會館 豚まん」(お土産・豚まん・シュウマイ)、「セブン-イレブン ハートイン」(コンビニエンスストア)、「おみやげ街道」(お土産)、「明太子の西海(にしかい)」(明太子)、「ココカラファイン」(ドラッグストア)、「ココカラファイン薬局」(調剤薬局)、「てもみん」(リラクゼーション)、「珀屋(期間限定)」(大福・菓子)。

■住所/北九州市小倉北区浅野1-1-1(JR小倉駅新幹線改札口前)
■営業時間(3階)/午前9時~午後9時(一部異なる場合あり)

※2021年6月9日現在の情報です

(北九州ノコト編集部)

関連記事一覧