• HOME
  • 記事
  • グルメ
  • 「鍋」でカレーが出てくる「カレーしか勝たん」 小倉北区日明にオープン 

「鍋」でカレーが出てくる「カレーしか勝たん」 小倉北区日明にオープン 

2021年、新型コロナウイルスの感染拡大真っ只中、下関に第1号店をオープンさせた「カレーしか勝たん」。今回、北九州初出店となる日明店が10月1日にオープンしました。

緊急事態宣言で全国の飲食店が打撃を受ける中、”本当に美味しいカレーを皆様に届けたい!”という熱い想いをもって、あえてコロナ禍というタイミングにお店をオープンしているという「カレーしか勝たん」。さっそく、日明店へ足を運んでみました。

揚げ物との相性を考え、秘伝ソースを加えて仕上げられた自慢のカレー

タマネギの甘さを最高まで引き立たせ、鶏のうま味を生かしたベースに、隠し味の秘伝ソースを加えて仕上げられた同店自慢のカレー。揚げ物との相性が抜群になるよう、秘伝ソースの分量を何度も何度も調整しながら開発されたといいます。

こだわりのカレーを存分に味わえるよう、メニューはシンプルにカレーライス(690円から)のみ。そこにとんかつやコロッケ、唐揚げなどのトッピングを追加したり、辛さの追加をしたりと、自分好みのカレーにカスタマイズが可能です。

総重量約5キロ! 驚きのメニュー「エベレスト盛りカレーライス」なども

トッピングなしの「カレーライス」、トッピングが1個ついた「定番のカレーライス」、トッピングが3個ついた「最強のカレーライス」などがありますが、今回は「定番のカレーライス」の並盛(840円)をオーダー。トッピングを一つ選べるとのことなので、とんかつを選択しました。

カレーはたくさん食べても胃もたれしないよう、ふんわりフルーティーなあと味となっているというだけあって、少し甘めでマイルドな味わい。辛いのが好きな人は、辛さを追加するのもいいかもしれません。

サイズは「並盛」のほかには、並盛の約2倍の「特盛」(プラス290円)、並盛の約4倍の「デカ盛」(プラス590円)がありますが、いずれもお皿代わりに「鍋」で提供されるので、サイズに関わらず、目の前に運ばれてきた時に驚くこと間違いなしです。

さらにビックリするのが、総重量5kgもある「エベレスト盛りカレーライス」(3900円)。6種類のトッピングが全種類のっていて、鍋からあふれんばかりの量で、メニュー写真を見ただけで満腹になってしまうそうなボリュームです。このエベレスト盛りを完食した人が今まで全3店舗中で数人いるとのこと。いったいどんな人が完食したのか気になりますね。

最新情報は「カレーしか勝たん 日明店」インスタグラムで見ることができます。

■店名/カレーしか勝たん 日明店
■住所/北九州市小倉北区日明3-5-1
■営業時間/11:00〜15:00 (ラストオーダー14:30)、18:00〜22:00 (ラストオーダー21:30)
■店休日/不定

※2021年10月11日現在の情報です

(北九州ノコト編集部)

関連記事一覧