• おでかけ
  • 北九州の「おでかけ」に関するさまざまな情報をご紹介します。

9月30日から「大京都展」開催! 小倉井筒屋で7カ月ぶりの物産展

今春以降、小倉井筒屋でも新型コロナの影響で大型催事は中止になり、多くの人が楽しみにしている物産展も同じく中止となっていました。ようやく約7カ月ぶりに小倉井筒屋で物産展が再開します!

再開第1弾は、9月30日(水)~10月6日(火)に開催される「第42回大京都展」です。

食から工芸まで色とりどりの「古都の魅力」が集結

「グランマーブル」の「デニッシュパン」(画像提供:小倉井筒屋)

今回の大京都展には、お惣菜やお菓子などの食品46社・工芸品16社、合わせて62社が出展予定で、普段なかなか手に入らない京老舗の商品が一堂に揃います。伝統を守り続ける老舗の味、この時季ならではの栗や抹茶を使ったスイーツ、京に根付いたパン食文化など、京都の「今」「昔」を感じることができますよ

「大京都展」初登場の店舗を紹介

今回初登場となるのは、「いづう」「吉廼家(よしのや)」「京昆布舗 田なか」「湯波吉」の4店舗です。

「いづう」は、名物の「鯖姿寿司」で広く知られる老舗店。「鯖姿寿司」や「京いなり」など、同店を代表する味を盛り合わせた「祇園の味」(1人折詰2592円/各日限定数30、10月6日のみ限定数15)が、実演を交えながら販売されます。

京の四季折々の自然を和菓子に閉じ込めた、京菓子が評判の「吉廼家」では、「みかん大福」(1個303円)や「一休餅」(6個入り746円)をどうぞ。

「京昆布舗 田なか」では、目の前で1枚1枚職人が手作業で削り上げる「手すき おぼろ昆布」(40g1080円)に注目です。

「京ゆば」の専門店「湯波吉」のオススメは、ゆばを作る際に最初にできる薄い膜を丹念につまみあげる「十代目 つまみゆば」(250g1080円)です。

季節商品や数量限定の人気商品にも注目

「佐近」の「はもちらし」(画像提供:小倉井筒屋)

秋の恵みを存分に味わいたい人には、デニッシュパン専門店「グランマーブル」の「栗とあんこ抹茶スペシャル」(1斤1728円)や、京料理とフランス料理の融合をテーマにしている「佐近」が手掛ける「はもちらし」(1折1296円/限定各日100)などがオススメです。色彩豊かに秋を彩る「俵屋吉富」の「上生菓子」(各1個432円)は、6種類のうち2種類が小倉井筒屋オリジナルのもの。ここでしか食べられない上品で繊細な上生菓子は見逃せないですね。

「俵屋吉富」の「上生菓子」(画像提供:小倉井筒屋)

また、毎回多くの人が心待ちにしている人気商品、「出町ふたば」の「名代豆餅」(10月1日・5日)、「阿闍梨餅本舗 満月」の「阿闍梨餅」(9月30日~10月6日)、「村上開新堂」の「ロシアケーキ」(9月30日・10月3日)もやってきます。それぞれ販売数が決まっており、購入希望者は整理券が必要です。整理券配布の時間や場所は、小倉井筒屋のHP(http://www.izutsuya.co.jp/storelist/kokura/)で確認してください。

職人の技が光る伝統工芸品も多数登場

「京漆器 井助」の「五ツ組応量椀」(画像提供:小倉井筒屋)

「京漆器 井助」の「五ツ組応量椀」(朱・黒各7150円/限定各10)をはじめ、京友禅、京七宝、京線香など、伝統を守りながらも柔軟に変化し続ける職人の匠の技に裏打ちされた工芸品も多数登場します。伝統を残しながらも現代にもマッチしたデザインで、生活に取り入れやすいものもあるので、お気に入りの品を探してみてくださいね。

「みのや」の「小紋着尺」(画像提供:小倉井筒屋)

3日間限定のプレゼントやインスタキャンペーンも!

9月30日~10月2日の3日間、本館8階催場で合計3000円レシートを持っている人には、宇治茶ティーバッグ(10袋入り)のプレゼントがあります(1人1回限り)。各日先着300人限定で、なくなり次第終了。購入レシートを本館8階サービスステーション横の特設会場に持参してください。

また、ハッシュタグ「#小倉井筒屋 大京都展2020」をつけて大京都展のステキな写真をインスタグラムにアップすると、抽選で10人に京都の特産品がプレゼントされるキャンペーンも行われますよ。

入場制限や通路幅の拡大など「新型コロナ対策」も万全

今回の大京都展は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、一部企画を変更して実施されるそう。そのため、イートインコーナーや抽選会、試食といった人が集まりやすい企画は残念ながら中止となります。また、会場内が定員に達したら入場制限がかかる場合もあります。

「お客様が密にならないよう通路幅も広げ、ゆっくりと安心してお買い物できるよう工夫しています。新型コロナの影響で遠出がしにくい状況ですが、井筒屋で古都の風情をお楽しみください」と、小倉井筒屋の広報担当者は話します。

来場する側の私たちも、マスクの着用やソーシャルディスタンスの確保など協力して、久しぶりの物産展を楽しみましょう。

イベント名 第42回大京都展
開催日時 9/30(水)~10/6(火)10:00~19:00 ※最終日は17:00で閉場
会場 小倉井筒屋 本館8階催場(北九州市小倉北区船場町1-1)
問い合わせ TEL093-522-3111

(北九州ノコト編集部)

関連記事一覧