小倉・平和通りに韓国チキン専門店「ネネチキン」が北九州初上陸

世界で1300店舗展開する韓国チキン専門店「ネネチキン」。北九州初上陸となる小倉店が、7月17日(土)にグランドオープンします。

場所は、北九州モノレール「平和通」駅からすぐのところ。グランドオープンに先んじて、7月15日からプレオープン中の同店へさっそく行ってきました。

骨付き・骨なしを選べるチキンは5種類の味を用意

同店の看板メニューは、国産若鶏を使用し、 手作業で丁寧な下処理が行われたチキンの数々。アツアツはもちろん、冷めてもしっかりジューシーなうま味を感じることができるといいます。

チキンメニューは、粉チーズたっぷりの「スノーウィングチキン」(1羽2840円、ハーフ1740円)、甘辛サクサクの「ヤンニョムチキン」(1羽2840円、ハーフ1740円)、「フライドチキン」(1羽2840円、ハーフ1740円)、「カルビ味チキン」(1羽2840円、ハーフ1740円)、「ホットブリングチキン」(1羽2840円、ハーフ1740円)の5種類の味を用意。いずれも骨付きと骨なしから選ぶことができます。

今回、編集部員が注文したのは、5種類の中から2種類選べる「ハーフ&ハーフチキン」(2950円)。初めてということもあり、まずはシンプルな「フライドチキン」と「ヤンニョムチキン」を、いずれも骨なしで選んでみました。

ボリューム満点のチキンは複数人でのシェアがお勧め

しばらく待つと、銀のプレートにこんもりと盛られた、揚げたてサクサクのチキンが登場。サラダやトッポギ、大根の漬物が添えられています。大きめサイズのチキンが1つの味につき約10個、合計で約20個ものチキンを前にし、1人で食べる量ではなかったと即座に反省した編集部員。複数人でシェアしつつ、他の料理と一緒に食べるのがお勧めかもしれません。食べ切れなかった分は、包んでもらい、持ち帰ることができました。

また、テーブルに用意されているビニール手袋を着け、韓国ドラマのワンシーンのように手づかみで骨付きチキンを頬張る人たちの姿も多く見られました。

テイクアウト注文もOKで、その場合はサイダー・大根酢漬け・サラダがサービスでついてくるそうです。

サイドメニューや韓国のドリンク類も充実

チキン以外にも、「トッボギ」「ネネキンパ」「海鮮チヂミ」などサイドメニューが充実。「チーズボール」「チーズスティック」「フライドポテト」など、ちょっとつまみたい時にピッタリなメニューもあります。

もちろん、ドリンクも種類が豊富で、韓国サイダーの代表格「チルソンサイダー」や「ヘテシリーズ」ジュース各種、「とうもろこしのひげ茶」といったソフトドリンクから、韓国焼酎・マッコリなどまで、さまざま取り揃えられています。

なお、同店では、7月31日(土)までオープン記念イベントも開催中とのこと。詳しくは「ネネチキン小倉店」インスタグラムで見ることができます。

■住所/北九州市小倉北区魚町3-4-6
■営業時間/午前11時~午後11時(ラストオーダー午後10時30分)
■定休日/なし ※お盆・年末年始に数日休店予定

※2021年7月15日現在の情報です

(北九州ノコト編集部)

関連記事一覧