• グルメ
  • 北九州の「グルメ」を紹介!

一度食べるとクセになる?本格まぜそばを自宅で【小倉北区/サルタヒコnoodle×café】

ちゅうぎん通りから京町銀天街へ入り、「北九州文学サロン」の中にある階段を上がると、おしゃれな内装の「サルタヒコnoodle×café」があります。ラーメンとカフェ、どちらも楽しめるお店として3年前にオープンしました。

フレンチプレスで淹れるコーヒーにも惹かれますが、サルタヒコといえばやっぱり麺!
同店では、細麺・中麺・太麺と3種類の手打ち麺を提供。それぞれの麺に合う7種類の麺料理を楽しむことができます。ランチはもちろん、夜22時まで営業していることから、〆の一杯を食べに通う方もいます。

4月上旬から商店街は人もまばらになり、サルタヒコもテイクアウトに踏み切ることを決意。麺特有の悩み「のびる」ことが障壁になったそうですが、試行錯誤の末に「鶏まぜそば」と「汁なし担々麺」のテイクアウトを開始しました。

こだわりの手打ち麺を自宅で

画像提供:サルタヒコnoodle×café

看板メニューの「鶏まぜそば(930円)」は、しっかりした太麺とピリ辛コロコロのチャーシュー入り。台湾まぜそばを独自にアレンジした同メニューは、一度食べたらクセになる一品です。担々麺好きが「美味しい」と口を揃える「汁なし担々麺(930円)」は、ゴマの風味がたまりません。麺を食べ終えたあとは、残ったタレの中に一口大のごはんを入れる「追い飯」で二度楽しめます。

購入してから食べるまで時間があいてしまう場合は「おうちでまぜそばセット(850円)」がおすすめ。自宅で麺を茹でるタイプになっているので、好きなタイミングで美味しく食べることができます。トッピングする野菜は付いていませんが、自宅にある野菜を乗せてアレンジして食べるのも良いですね。

画像提供:サルタヒコnoodle×café

道開きの神様「猿田彦大神」が店名の由来

オーナーさんは、お店をオープンさせるまで15年ほど三重県に住んでいたそうです。その時よく訪れていた神社の御祭神が、道開きの神様「猿田彦大神」で、その名を借りた店名になったといいます。道開きのご利益もあってか、「今回のコロナ禍の中、リピーターの方に多く応援していただいています」とのこと。

一度は食べてほしい手打ち麺。あっという間にサルタヒコの虜になること間違いなし。

(北九州ノコト・大畠あずさ)
※2020年5月7日にメール取材を実施しました。

店名 食サルタヒコnoodle×café
住所 北九州市小倉北区京町1-5-9 2F
交通 JR小倉駅より徒歩5分
電話番号 093-967-7807
注文方法 店頭注文 電話注文(※電話での事前予約だと少ない待ち時間で提供可能)
営業時間 11:30~21:00
11:30~19:00(※緊急事態宣言期間中)
定休日 月曜日

関連記事一覧