八幡西区鷹の巣にラーメン店「クモノウエ」がオープン

北九州の西部に位置する八幡西区。かつて宿場町として栄えた黒崎宿や木屋瀬宿があったため、伝統的な街並みや史跡が今も所々に残っているほか、 「瀬板の森公園」など自然を楽しめる場所も多くあるエリアです。

そんな八幡西区に、9月16日、新たにラーメン店「クモノウエ」がオープンしました。

ラーメンは全7種類 オーナーは佐賀「いちげん。」で修業

注文したのは、同店おすすめの「のり玉ラーメン」(930円)。あっさり系のとんこつスープに中細ストレート麺がよく絡み、のりとの相性も抜群でした。

この他にも、「クモノウエラーメン」(1080円)や「玉子入り」(780円)、スタンダードな「ラーメン」(680円)など、全7種類のラーメンがあります。

同店のオーナーは佐賀県で人気を博しているラーメン店「いちげん。」で修業をしたといいます。オープンして間もない「クモノウエ」ですが、多くのラーメン通、「いちげん。」ファンからは、「佐賀の味を再現できている」と好評です。

県をまたぐ移動がしにくい今の時期に、このような店がオープンすることはラーメン好きにはとても嬉しいニュースですね。

最新情報は「クモノウエ」インスタグラムで見ることができます。

■住所/北九州市八幡西区鷹の巣1-19-7 ※駐車場あり
■営業時間/11:00〜15:30(15:00ラストオーダー)、17:30〜21:00 ※県の要請に従い、10/14まで19:30ラストオーダー
■店休日/不定 ※年内は水曜休み

※2021年10月4日現在の情報です

(北九州ノコト編集部)

関連記事一覧