• 新型コロナ
  • 北九州市内の新型コロナウイルス情報をまとめます。

「北九州市いのちとこころの情報サイト」こころが重いあなたへ伝えたいこと

あなたの大切な「こころ」のためにこんなサイトがあります

4月7日の「福岡県緊急事態宣言」を受け、北九州市では生活に必要なこと以外での不要不急の外出自粛要請をされてきました。5月14日に緊急事態宣言は解除されたものの、不安なニュースがあふれ返り、新聞はコロナウィルス関連の記事で埋め尽くされています。「もしも自分がコロナウィルスに感染したら」「もしも大切な誰かがコロナウィルスに感染したら」「これから先の将来が不安」そう思うと、心休まる日はありませんね。あなたが1人で苦しんでいるなら、北九州にはこんなサイトがあることを知ってください。

まずはこのサイトを見ませんか?(写真提供・北九州市精神保健センター)

北九州が運営する「いのちとこころの情報サイト」には、年間たくさんのアクセスがあります。相談の内容は、各種依存症や自死遺族の方たちのこころの相談など多岐にわたります。最近では新型ウイルス感染への相談が増えていると言い、すでに40件ほどの相談があったそうです。感染に対する不安や、自身の体調悪化の不安、またうつ病や、長い自粛生活での苦しみなど相談内容はさまざまで、新型コロナウイルスが市民に与える影響の大きさが分かります。こちらのサイトへの相談内容から、場合によってはより専門的な悩みに対応できる公的機関の紹介もしてくれるそうです。ぜひ、気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

「相談する」ことでつらさが和らぐことがある

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、不安やイライラを抱え、心のバランスを崩した方もいると思います。思いがけない経験をして精神的に不安定になることは、異常な事態に対する正常な反応です。よく見られる症状や変化としては「眠れない」「イライラする」「不安、緊張が高い」「誰とも話す気にならない」「身体の調子が悪い」などがあります。これらの状態は「相談する」ことでつらさが和らぐことがあります。北九州市では相談電話を設けています(※記事下部参照)。1人で抱え込まず、相談してください。

色んな方法があります(写真提供・北九州市精神福祉センター)

先の見えない日々に不安を抱えている方に、頑張って自粛してきて疲れてしまった方に、多くの悩みを抱える市民の皆さんに伝えたいサイトです。1人で悩まずに、ほんの少しの勇気を出して上記の「いのちとこころの情報サイト」 を訪れてあなたの心を軽くしてみませんか?

(北九州ノコト・石山理香)
※5月12日に電話にて取材しました

北九州市立精神保健福祉センター  093‐522‐8729
 月~金8:30~17:15 祝日、年末年始を除く
北九州市自殺予防こころの相談電話  093‐522‐0874
 月~金9:00~17:00 祝日、年末年始を除く

 

関連記事一覧