• グルメ
  • 北九州の「美味しいモノ」をご紹介します。
  • HOME
  • 記事
  • グルメ
  • 開店は週2回 全粒粉専門の「路地裏パン屋さん」はユーモアたっぷり【南北堂/小倉南区】

開店は週2回 全粒粉専門の「路地裏パン屋さん」はユーモアたっぷり【南北堂/小倉南区】

小倉南区城野に全粒粉専門のパン屋さん「南北堂」があります。

すべてのパン生地に九州産の小麦・全粒粉を使用し、牛乳・卵・白砂糖は使用しないという“約束”まで掲げる、こだわりのパン屋さんをご紹介します。

路地裏のパン屋さん

地図を見ながら路地を進んでいくと、「この辺かな…」というところで、看板を発見。車1台がなんとか通れるくらいの道を進むと、かわいらしい雰囲気の店舗が現れます。

入店は1組ずつというほど小さなお店で、まさに“路地裏のパン屋さん”といった趣。

きっかけは自身の体調不良

「パンシェルジュマスター」(*)でもある店主の相良さんは、元々IT関係の仕事をしていたそうです。

多忙な毎日で食生活も不規則になり体調を崩したことをきっかけに、転職を決意。パン屋さんで働き始めたといいます。

「不規則な生活の中でも健康に気を遣える“全粒粉”のパンを提供できたら」と、4年前に一念発起し「南北堂」をオープンしました。

名前の由来は、江戸時代の観相家で、「節食開運説」を唱えた水野南北。その考えに強く影響を受けたそうです。

※パンシェルジュマスター=パンシェルジュ検定の1級保持者のこと。パンの製法・器具・材料の知識はもちろん、歴史・いろいろな国のパンや衛生に関する知識・マナーなど幅広い知識を持つ。他に、パンシェルジュプロフェッショナル(2級)、パンシェルジュベーシック(3級)がある。

全粒粉へのこだわり

店内に並ぶ数々のパンには、全粒粉が使用されています。

全粒粉は、一般的な小麦のパンと比べ、食物繊維やミネラルが多く含まれ、日常的な健康の維持に役立つと言われています。

南北堂では、食べ慣れない方や、抵抗がある方にも食べやすいようにと、パンひとつひとつの「全粒レベル」を紹介しています。「初級」「中級」「上級」「達人級」と分かれており、初めての方でも選びやすくなっています。初級は全粒粉率20〜40%、達人級になると90〜100%だそうです。

また、すべてのパン生地に牛乳・卵・白砂糖を使用していないことから、アレルギーがある方にとっても安心です。

誰もが安心して食べられることにこだわった、数少ないパン屋さんです。

ユーモアあふれるネーミング

店頭に並ぶパンの種類は、最大で60種類以上。それぞれユーモアのある名前がつけられています。

亀の形をしたメロンパン「カメロン」や、某アニメ映画のキャラクターを彷彿させる見た目で白餡と白玉入りの「まっくろしろすけ」。全粒レベルによって、名称を変えた「あんぱんさん(中級)」「あんぱんさま(達人級)」など、見ているだけでも楽しいです。

時折開催される「闇市」

営業日は週2回。公式サイトやInstagramで1か月分の営業日を案内しています。

なぜ週2回なのかと尋ねたところ、「ひとりでやってるから今の営業が精いっぱいです」とのことでした。パンの仕込み、袋詰め、品出し、通販、ひとりで切り盛りされているそうです。

営業日の他に、前日焼いたパンを翌日割引して販売する「闇市」を行っていることも。聞こえは怪しいですが、言わばアウトレット販売会ですね。ここでもネーミングのユニークさが光ります。

お店に行けば相良さんのユーモアあふれる人柄に、「南北堂」のファンになること間違いなし。

こだわりを持って真剣にパンを作り、遊び心満載の「南北堂」。健康に気を遣っている方にもおすすめできる、路地裏のすてきなパン屋さんです。

(北九州ノコト・大畠あずさ)

店名 九州産全粒粉パン専門店 ぶらんじぇり 南北堂
住所 北九州市小倉南区城野3-13-21
交通 西鉄バス「下城野二丁目」から徒歩5分
電話番号 070-5413-8897
営業時間 7:00~19:00(売り切れ次第終了)
定休日 不定休(Instagramで確認できます)
公式HP 公式サイト http://nanbokudou.sblo.jp/http://nanbokudou.sblo.jp/

通販サイト https://nanbokudou.handcrafted.jp/

Instagram https://www.instagram.com/nanbokudou/

Facebook https://www.facebook.com/nanbokudou

備考 駐車場無

関連記事一覧