門司港のリノベアパート「COBOLmoji」完成 壁画は大学生が手がける

門司港のリノベーションアパート「COBOLmoji」がこのたび完成し、5月から入居開始となりました(一部まだリノベーション中)。

門司区花月園(かげつえん)にあるRC築47年の3階建てアパート(6戸)を「laurier.f合同会社」の今橋智恵美さんが2020年11月からDIYでリノベーションし、生まれ変わらせた物件で、外壁の「ミューラルアート(壁画)」(※許諾を得た壁に描く作品のこと)を大学生2人によるアートユニット「我楽多(ガラクタ)」が手掛けました。

リノベーション前(写真提供:laurier.f合同会社)

完成したミューラルアート

“鉄の街”をイメージして外壁3面に描かれたミューラルアート

壁画のデザインに関して今橋さんがリクエストした「鉄の街 北九州」「新日鉄(現・日本製鉄)」「八幡製鐵所」というキーワードから、大学生たちが「鉄→作業員→パイプ」「作業員→かっこいい」「パイプ→いっぱい」といったことを連想し、イメージしたそのままをアパートの壁3面に描きました。

室内もリノベーションで大幅にイメージチェンジ

室内リノベーション前(写真提供:laurier.f合同会社)

室内リノベーション後(写真提供:laurier.f合同会社)

今橋さんによるセルフリノベーションで室内の印象も大幅に変わった「COBOLmoji」。花月園エリアのランドマーク的な存在になる日も近いかもしれません。

◆住所/門司区花月園1-23

※2021年5月7日現在の情報です

(北九州ノコト編集部)

関連記事一覧