• 暮らし
  • 北九州の暮らしに関する情報をお届けします。
  • HOME
  • 記事
  • 暮らし
  • 堅パンが買えるバス停? 北九州市で「スマートバス停」の実証実験を開始

堅パンが買えるバス停? 北九州市で「スマートバス停」の実証実験を開始

小倉北区の砂津バスセンターに、自動販売機能や32V型の液晶、タッチパネルを搭載した「スマートバス停」が設置されました。

スマートバス停は、シャープマーケティングジャパン株式会社が、西鉄バス北九州株式会社、西鉄エム・テック株式会社、株式会社スピナ、株式会社YE DIGITALと協力し、シャープ製の飲食店向けセルフ注文機をベースに開発しました。

6月26日から約1年間、大型ディスプレイでの情報発信で、訴求効果を検証する予定とのことです。

遂に堅パンの自販機が

設置された「スマートバス停」には、「堅パン自動販売機」と書かれています。

堅パンとは、“健康は顎から”をキャッチフレーズとした、北九州の固すぎる銘菓「くろがね堅パン」のこと。お土産やおやつ、保存食として長年にわたり北九州市民に愛され続けています。

官営八幡製鐵所で、従業員の栄養補助食品として作られたことがきっかけという「堅パン」が、ついに自動販売機で買えるようになりました。

オリジナルフレームで記念撮影も

スマートバス停には、自動販売機能のほかにもさまざまな機能があります。

その一つが撮影機能。堅パン購入者は上部に搭載されたカメラで、小倉城や西鉄バス、ローカルすぎるヒーロー「堅パンマン」の、オリジナルフレーム付き記念写真を撮影することができます。

液晶画面には、西鉄バスの時刻表や路線図、北九州のおすすめスポットやグルメ情報などが表示されます。

支払いは交通系ICカードのみ

支払いは「Suica」「Kitaca」「PASMO」「TOICA」「manaca」「ICOCA」「nimoca」「はやかけん」「SUGOCA」の交通系ICカードのみ。現金の投入口はなく、完全なキャッシュレスです。

設置から4日が経った6月30日に訪れて見ると、なんと早くも「品切れ中」の文字が…。残念ながら購入できませんでしたが、とてもユニークな堅パン自動販売機。実証実験中にぜひ体験してみてください。

(北九州ノコト編集部)

◆「スマートバス停」設置場所

関連記事一覧