• HOME
  • 記事
  • 暮らし
  • 小倉駅の観光案内所が移転・リニューアルオープン 手荷物預かりサービスも開始

小倉駅の観光案内所が移転・リニューアルオープン 手荷物預かりサービスも開始

JR小倉駅3階にある北九州市総合観光案内所は5月1日、駅構内で移転、リニューアルオープンしました。場所は旧観光案内所があった場所からモノレールの改札口を挟んだ反対側、JR九州改札口前 JAM広場正面です。

新しい観光案内所は白を基調とした全面ガラス張りで、小倉織をイメージしたストライプが特徴的なデザインです。従来の3倍以上の広さで、開放感がある空間です。

デジタルサイネージ設置や夜間の映像投影など、観光案内機能を強化

非接触カウンターや抗菌素材の使用による感染症対策を行っており、安心して観光案内や交通案内、宿泊案内、手荷物預かりサービスなどの相談ができます。観光情報を検索できるタッチパネル式のデジタルサイネージの設置をはじめ、さまざまな観光・イベント情報が掲載されたパンフレットやチラシの配布などがあるので、北九州市に関する多彩な情報を入手することができます。

「私たちが一人一人の好みにあわせて北九州のおすすめの過ごし方をご提案します。ぜひお気軽にお立ち寄りください」とスタッフの皆さん。

施設内には無料コンセントが備え付けられたテーブル席もあります。利用は30分以内で、携帯電話・スマートフォンでの通話や飲食、仮眠、喫煙は不可。この席を利用する場合は、「事前にスタッフへお声掛けください」とのこと。インバウンド客の回復に合わせ、外貨両替などのサービスも提供予定とのことです。

夜間(案内所閉所後から午後11時まで)には、ガラス面に市内の観光スポット紹介動画が上映され、通りかかった人たちの目を楽しませてくれます。

北九州ぶらりカード片手に観光地を巡り、みんなで作る観光マップ「co-map」

また、観光案内所の外側には、誰でも自由に持ち帰ることができる「北九州ぶらりカード」を設置。カードは「夜景を楽しむ」「エリアで楽しむ〈門司港〉」「エリアで楽しむ〈小倉〉」「歴史・文化を感じる」「自然を楽しむ」「食を楽しむ」の5つに分類され、それぞれのスポットなどの情報が詳しく説明されています。

北九州ぶらりカードを片手に北九州市内のさまざまなスポットを巡り、カードに記載されているハッシュタグ「#co_map #〇〇〇〇」をつけてインスタグラムに投稿すると、その投稿が観光案内所内の「co-map(コマップ)」に反映されて、日々新しい観光マップが作られていくそうです。

また、北九州市総合観光案内所の移転・リニューアルオープンに合わせ、観光客や市民など広く利用できる無料公衆無線LANのサービスも同日スタートしています(小倉駅周辺および小倉城周辺、1回の接続時間60分、1日の接続回数に制限なし)。

「福岡県の緊急事態宣言の対象地域への追加に伴い、令和3年5月12日(水)から5月31日(月)までの期間、北九州市総合観光案内所は臨時休館いたします。なお、臨時休館の期間中も、下記の営業時間・お問い合わせ先にて、電話での観光案内のお問い合わせは受け付けております」とのことです。

■住所/北九州市小倉北区浅野1-1-1
■営業時間/9:00~19:00 ※年中無休
■問い合わせ/TEL093-541-4189

※2021年5月11日現在の情報です

(北九州ノコト編集部)

関連記事一覧