【児童公園(老松公園)/門司区】幼児から児童まで楽しめる多彩な遊具がいっぱい

門司港に暮らす人たちの憩いの場である、広々とした緑豊かな「老松公園」。グラウンド側から「門司校区公民館」側へと道路を渡ったところにある児童公園も「老松公園」です。

地元では「児童公園」の名前で呼ばれることも多い同公園には、定番の鉄棒やブランコ、タイヤ飛びなど、幼児から児童まで幅広い年齢層に合わせた遊具が揃います。

ブランコは普通のタイプと3~6歳用のタイプの2種類を用意。3~6歳の子どもには、必ず大人が付き添って利用してほしいとのことです。

また、幼児向けの砂場や、船をモチーフにした児童向けの滑り台&ジャングルジムなども子どもたちに人気です。

ただし、公園の周りの車道は、車の通行量が多いため、子どもが飛び出してしまうと危険です。公園から車道に飛び出さないように気を付けながら遊びましょう。

※2021年5月11日現在の情報です

(北九州ノコト編集部)

関連記事一覧