• HOME
  • 記事
  • グルメ
  • 総重量1キロ超えの「ロースカツとじ丼」/ガツン!とデカ盛り屋(小倉北区)

総重量1キロ超えの「ロースカツとじ丼」/ガツン!とデカ盛り屋(小倉北区)

北九州市小倉北区を中心に飲食店を数店舗展開する株式会社ビッグアップルが運営する、大盛り弁当専門店「ガツン!とデカ盛り屋」。総重量1kg超えの“デカ盛り”弁当が種類豊富に取り揃えられていると、食欲旺盛な人たちの間で話題になっているお店です。

注文は「ビッグアップルデリバリー」のウェブサイトから。デカ盛り弁当をはじめ、同社が手掛ける飲食店のパスタやピザ、デザートなど、計150種類以上のメニューがあります。まん延防止等重点措置実施中のいま、テイクアウト商品が豊富に揃っているのは魅力的です。

ロースカツ2枚の「デカ盛りロースカツとじ丼ダブル」と、ロースカツ3枚の「デカ盛りロースカツとじ丼トリプル」とで迷ったものの、今回は初めてということもあり、「ロースカツとじ丼ダブル」(1580円+送料)を注文してみました。

注文した商品が届くと、まずその大きさに驚きます。直径は500mlのペットボトルと同等サイズ。厚みのあるトンカツが2枚と、その下には甘みのあるタマネギとたっぷりのご飯600gが敷き詰められ、総重量は約1.2kgもありました。

この量を見ると、お店のSNSにあったコメント「デカ盛りはかなりの量がございますので少食の方はご遠慮ください…笑」に納得するしかありません。

気合いを入れて、いざ実食。己の胃袋の限界までカツ丼に挑みましたが、半分も食べ切れずにあえなく断念。2食に分けて、ようやく食べ切ることができました。胃袋に自信がある人向けのカツ丼です。

※2021年6月26日現在の情報です

(北九州ノコト編集部)

関連記事一覧