• HOME
  • 記事
  • 暮らし
  • 【上本町公園/門司区】1周100メートルのウォーキングコースで健康づくり

【上本町公園/門司区】1周100メートルのウォーキングコースで健康づくり

西鉄バス「上本町アパート前」バス停からすぐの場所にある「上本町公園」(北九州市門司区花月園15)。

ブランコ、すべり台、鉄棒などのシンプルな遊具や健康遊具が設置された公園を、アスファルトのウォーキングコースがグルっと囲んでいます。

さかなやさんやパイロットなど、“ごっこ遊び”が楽しめる

すべり台などで遊べるコンビネーション遊具には、なぜか「SHOPさかなやさん」の文字が。この窓をのぞけば、“お魚屋さんごっこ”ができるようです。

「さかなやさん」の裏に回ると、なんと「おはなやさん」の文字が! イラストも魚からお花に変わっています。

「さかなやさん」「おはなやさん」のそばにあるスイング遊具は、消防士&パイロット気分で楽しめるデザイン。

上本町公園は遊びながらちょっとした職業体験ができる公園なのです。子どもの記念撮影スポットにもいいかもしれませんね。

健康遊具やウォーキングコースなどで大人もしっかり健康づくり

上本町公園には、健康遊具など大人が利用できる設備も用意されています。

また、公園の周りをぐるっと囲むアスファルト周回園路は、1周約100メートルのウォーキングコース。10周すれば1キロメートルと計算しやすいこともあり、近所の人が健康づくりのために歩く姿が多く見られます。

ウォーキングコースのフェンスをよく見ると、「周回コマ」と書かれたものが数カ所に設置されています。

この場所からスタートして、1周歩いて戻ってくるたびに、コマを1つずつ動かしていくと、自分が何周歩いているか分かるという便利アイテム。周回コマはすべて手作り感満載のあたたかみのあるデザインで、地元の人たちに愛されている公園なんだなということが伝わってきます。

公園内にはベンチが複数あるので、疲れた時は休憩して、他の人が遊んだりウォーキングを楽しんでいる姿を眺めながらのんびりした時間を過ごすのもいいかもしれません。

※2021年6月25日現在の情報です

(北九州ノコト編集部)

 

関連記事一覧