• HOME
  • 記事
  • 暮らし
  • 「マップデザインギャラリー小倉」北九州の地図がモチーフの新商品登場

「マップデザインギャラリー小倉」北九州の地図がモチーフの新商品登場

地図大手の「ゼンリン」の直営ショップ「Map Design GALLERY(マップデザインギャラリー)小倉」に、北九州の地図をモチーフとした新商品が続々と登場しています。

「Map Design GALLERY」は、「地図に親しむ空間を提供する」がコンセプト。地図をデザインとして用いた小物雑貨を中心に、ここでしか入手できない商品も店内に並びます。

ショップ初登場の食器セット

店内に入って真っ先に目に飛び込んできたのが、今春登場したばかりの食器セット。これまでマグカップ等の取り扱いはありましたが、同ショップに食器類が登場するのは、今回のセットが初めてとのことです。

特に編集部が注目したのは、関門海峡が描かれた「ダイニングシリーズセット」(フリーカップ1100円、小皿880円=写真左、小付け660円)です。関門海峡がまるで龍のように見えるという声もあるというのも納得のかっこよさです。

また、小倉城庭園や勝山公園などが描かれた地図をデザインに生かした「和まっぷ」の「ダイニングシリーズセット」(フリーカップ1100円、豆皿770円=写真右、コースター660円、ランチョンマット770円)は、やわらかい色合いで女性人気の高い一品です。

これらの食器を並べると、「若戸大橋はこのへんだね」「四角のドット部分が紫川か」など会話も弾み、食卓にも北九州愛があふれそうです。

地元の人たちのリクエストに応え、「黒崎」「門司港」デザインの商品が新登場

同店の一番人気を尋ねると、うちわとしても手紙としても使える「ミニうちわレター」(550円)とのこと。メッセージを書いて、うちわに切手を貼れば変形はがきとしてそのまま郵送できるほか、一緒にセットされている封筒に入れると定形郵便としても郵送できます。

「ミニうちわレター」の他には、一筆箋やクリアファイル、コンビニエコバッグなど、普段使いしやすい多彩な商品が揃っています。「小倉」をはじめ、「天神」「博多」「東京」など主要都市の地図がデザインに使われています。

小倉以外のエリアに住んでいる北九州市民の熱いリクエストに応え、6月17日からは「黒崎」(クリアファイル2種)と「門司港」(クリアファイル2種)が新登場。北九州らしいデザインの商品が、一層充実しました。

ギフトなどにお勧めの商品も用意

また、「父の日」などのギフトには、「トートバッグ」「ガジェットケース」「スリムウォレット(写真)」(いずれもタイベック®製)もお勧めとのこと。駅や線路の部分がゴールドのラインで縁取りされている、スタイリッシュな商品です。

地図をデザインしたものではありませんが、一目で「北九州!」というのが分かるグッズを探しているという人には、北九州市の全7区分のゼンリン住宅地図帳の表紙がカバーになった「住宅地図ノート」(各440円)もいいかもしれません。

詳細は、「Map Design GALLERY」ホームページで確認できます。

■住所/北九州市小倉北区室町1-1-1 リバーウォーク北九州1階
■営業時間/午前10時30分~午後6時30分 ※月曜(祝日の場合は翌平日)のみ午後2時~午後6時30分

※タイベック®は米国デュポン会社(E.I. du Pont de Nemours and Company)の商標、あるいは登録商標です

※2021年6月19日現在の情報です

(北九州ノコト編集部)

関連記事一覧