• HOME
  • 記事
  • グルメ
  • 門司港にカフェ「gifff(ジフ)」オープン 人気店「DAISY」の姉妹店

門司港にカフェ「gifff(ジフ)」オープン 人気店「DAISY」の姉妹店

7月18日、門司港駅から徒歩7分ほどの場所にカフェ「gifff」がオープンしました。

お店があるのは、鎮西橋から老松公園方面に少し行ったところ。門司港でも人気の高い飲食店が多く並ぶ通りに、今回目指す「gifff」もあります。

場所は「カモメホール」そば

席でオーダーシートに記入し、カウンターで注文

小倉北区魚町にある人気カフェ「DAISY(デイジー)」の姉妹店である「gifff」。

白を基調とした開放感のある明るい店内に入ると、カウンターでメニューとオーダーシート、ペンを渡されます。好きな席に座ってメニューを選び、オーダーシートに記入。それをカウンターに持って行って、先に会計を済ませると、注文した品がテーブルに運ばれてくる仕組みです。

開放感のある明るい店内

メニューは、かき氷3種類をはじめ、ダッチベイビー(2種類)、クッキーチーズケーキ(2種類)、マカロン(2種類)、スモアクッキー(3種類)。その他、20種類の多彩なドリンクが揃っています。ドリンクはテイクアウト専用のメニューも用意されています。

自分の手で仕上げる楽しさも嬉しい「かき氷」

今回注文したのは、かき氷「ホッキョクグマ(レモン味)」(ドリンク付き1400円)。

メレンゲクッキーの“流氷”が乗ったかき氷と一緒に、トッピングセットとして「シロクマくん(ホワイトチョコ)」「レモンシロップ」「白玉」「クリームチーズ」が運ばれてきました。

この状態で登場

ここからは時間との勝負。まずはシロクマくんをそっと流氷の上に乗せてあげ、レモンシロップをかけていきます。シロップをかけると、シロクマくんがバランスを崩して流氷から転落してしまう可能性が高いので、シロップをかける前に写真を撮るのがオススメです。

流氷の上にしっかり立つシロクマくん

ほろ苦さが少し感じられる爽やかなレモン味のかき氷は、どんどん食べ進められるほどサッパリとした味わいですが、途中で味を変えたいなとなったら白玉やクリームチーズ、崩した流氷(メレンゲクッキー)の出番です。“味変”すると、さらに食べるスピードもアップ。最後まで楽しく完食することができました。

かき氷メニューは他に、「目玉焼き(マンゴー味)」(ドリンク付き1400円)、「糸ピンス ソイミルク」(ドリンク付き1500円)があり、いずれも自分自身で仕上げていく楽しい仕掛けが用意されています。

特に「目玉焼き」は、氷を平らに整えたり、生クリームでできた“白身”をかけたり、マンゴーゼリーの“黄身”を落ちないように乗せたり、目玉焼きを完成させるまでにやることが多くておもしろそう。次回、編集部員も挑戦してみたい一品です。

お店は不定休とのことですが、店休日の情報は「gifff」インスタグラムで確認できます。

「ソイ抹茶」(650円)とクッキーチーズケーキ「アーモンドクリームチーズ」(550円)

■住所/北九州市門司区東本町1-1-20 ※近隣にコインパーキングあり
■営業時間/12:00~22:00 ※当面の間は12:00~19:00
■定休日/不定

※2021年7月22日現在の情報です

(北九州ノコト編集部)

関連記事一覧