平尾台自然観察センターで「晩秋の野草観察会」開催

10月24日(日)、平尾台自然観察センターの主催イベント「晩秋の野草観察会」が開催されます。

当日は平尾台自然観察センター出発後、ウメバチソウ(写真下)など晩秋の野草を観察しながら、ハイキングを楽しみます。

季節ごとにさまざまな表情を見せてくれる平尾台ですが、秋にはあたり一面がススキの草原となります。観察会が行われる晩秋の頃にはススキの穂が開き、夕日に当たると金色に輝く様子も美しいとのことです。

対象は小学生以上。汚れてもいい運動靴(持っていれば登山靴やトレッキングシューズ)、虫刺され・切り傷防止のための長そで・長ズボンなど、ハイキングができる服装での参加がお勧めです。参加費は無料です。

参加希望者は往復はがきで申し込みが必要(10月14日必着)。応募方法などの詳細は、「平尾台自然観察センター」ホームページで見ることができます。

自然の宝庫「平尾台」について深く学べる施設「平尾台自然観察センター」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

平尾台自然観察センターは、カルスト地形や羊群原など、平尾台の豊かな自然や動植物を紹介するとともに、自然や動植物を後世へと守っていくためにどうすればいいのかを楽しく分かりやすく学ぶための施設。

平尾台をより深く知ることができる写真やジオラマといった資料が展示されるほか、映像なども用意されています。平尾台を360度グルっと見渡すことができる、3階の展望デッキもお勧めです。

■イベント名/「晩秋の野草観察会」
■開催日時/10月24日(日)9:30~15:00 ※小雨実施
■集合・解散場所/平尾台自然観察センター(北九州市小倉南区平尾台1-4-40)
■持参品/帽子、軍手・タオル、昼食、飲料、雨具など
■定員/小学生以上20人(抽選) ※小・中学生は保護者の参加も必要
■問い合わせ/TEL093-453-3737 ※緊急事態宣言のため、臨時休館中ですが電話はつながります(9:00~17:00/月曜は不在)

※2021年9月25日現在の情報です

(北九州ノコト編集部)

関連記事一覧