• おでかけ
  • 北九州の「おでかけ」に関するさまざまな情報をご紹介します。

「福岡県営中央公園」はジョギングから生き物観察までOK カルガモ親子も

(画像提供: 福岡県営中央公園、撮影:正野輝芳さん)

広大な都市型公園

園内には滝も(画像提供:福岡県営中央公園)

「福岡県営中央公園」は明治100年記念事業として、1967年から本格的に整備された総合公園です。北九州市のほぼ中央に位置し、小倉北区、戸畑区、八幡東区にまたがっています。面積は約92ヘクタールと広大です。

細長い「金毘羅池」の周辺にはジョギングコース、大滝、噴水、管理棟、カフェ、花壇、デッキ、ビオトープ、健康ロードなどの施設があります。

(画像提供:福岡県営中央公園、撮影:周黎波さん)

金比羅池の面積は約18200㎡。カルガモやバン、アオサギ、シラサギなどの多様な生物が見られます。初夏には猛禽類のミサゴ、10月には長距離を飛翔することで知られるアサギマダラなど、希少な生き物も間近に観察できます。

春には桜、秋には紅葉が美しいほか、森林浴をしながら四季折々の草花を楽しめます。

子どもから高齢者まで

隣接した無料駐車場があり、小さいお子さんや高齢者を連れたご家族にもアクセスしやすい公園です。

公園の入口に近い管理棟のトイレには、ベビーシート付きのトイレがあります。車椅子や縄跳びなどの遊具を無料で借りられます。

「野球場広場」と「総合体育館」南の古墳公園内「遊具広場」の2か所には遊具があり、見晴らしのよい公園で、子どもからお年寄りまで家族でゆったりと楽しめます。

大小の石がはめ込まれた「足つぼ健康ロード」は、70mもの長さがある本格的なもの。「足つぼ」の説明図を確認しながら歩いてみたくなります。

足つぼ健康ロード(画像提供:福岡県営中央公園)

「パークヨガ」6月10日から再開

青空の下で行う「パークヨガ教室」が毎月行われています。コロナの影響で中止していましたが、6月10日から再開される予定です。

教室ではイスやマットを使って体を動かします。当日、飛び入り参加もできますので、タオルや飲み物などを持参して参加してみてはいかがでしょうか。

講師 水島知乃歩 先生
日時 毎月第2・4水曜日 8:30~9:15
場所 管理棟1階親水デッキ前
参加料 200円/回
持ち物 帽子、タオル、飲み物など

体育館ではスポーツも

多目的グランドでバトミントンやサッカーなどができるほか、隣接する「北九州市立総合体育館」ではテニス、バスケット、バレーボール、トレーニングなどをする設備があります。

(北九州ノコト編集部)

 

施設名 福岡県営中央公園
住所 北九州市小倉北区井堀5-1-4
営業時間 管理棟下の駐車場と管理棟 8:30~17:00
公園は通年
定休日 年末年始
アクセス 車:九州工大前駅車約10分小倉駅車約15分
バス:小倉北区方面から ①「砂津発小倉駅BC経由・行先番号26番」 『市立総合体育館』か『北九州パレス前』で下車徒歩1分、 ②「行先番号1番・7番・黒﨑BC行」 『到津の森公園前』下車徒歩13分、または26番に乗り換えて『市立総合体育館』か『北九州パレス前』で下車徒歩1分
駐車場 無料
電話番号 093-881-1449
園内カフェ Cafeこんぴら (コーヒー専門店)
管理者 福岡県(金比羅池周辺約41ヘクタール)、北九州市(金比羅山周辺の約51ヘクタール)
公式SNS 公式HP
公式Facebook

画像提供:北九州市観光情報サイト「ぐるリッチ!北Q州」

関連記事一覧