• 暮らし
  • 北九州の暮らしに関する情報をお届けします。
  • HOME
  • 記事
  • 暮らし
  • 北九州市がワークショップに参加する若者募集 「若い世代から選ばれる街」目指す

北九州市がワークショップに参加する若者募集 「若い世代から選ばれる街」目指す

(画像はイメージ 提供:画像AC)

北九州市は、市の将来を担う若者を集め、アイディアワークショップを開催します。参加した若者の声を事業に反映し、「若い世代から選ばれる街」になることを目指します。

北九州市若者ミライ創造プロジェクト「未来創造meeting@北九州」は、市の未来予想図を若い感性で作成、発信するプロジェクト。9月から全5回のワークショップと、最終的な発表会を行います。

北九州市を4つのテーマで考える

ワークショップのテーマは、「『北九州ならでは!』の住まい方発見プロジェクト」、「ギラヴァンツで北九州をシゲキしたい!」、「好きや関心を活かし、自分らしく地域に関わっていくには?」、「ボートレース・競輪の魅力を見つけ、磨いて、伝えよう!」の4つです。

テーマごとに分かれ、それぞれ1名のコーディネーターを加えた計6名程で進めていきます。

例えば「ギラヴァンツで北九州をシゲキしたい!」では、コーディネーターをUrban Innovation Japan ディレクターの吉永隆之氏が務め、地元サッカーチームであるギラヴァンツ北九州がもっと市民に愛される仕掛けと、スポーツツーリズムによる地元経済の活性化を実現していくプロジェクトを進めるといいます。

北九州市は、2019年版の「住みたい田舎ベストランキング」で、シニア部門1位(2年連続)を獲得。シニア層からの評価は高まっていますが、一方で子育て世代部門は5位、若者世代部門は6位にとどまっています。

市は、今回のワークショップで得たアイデアを実際に事業に反映していくことで、若い世代にとっても魅力のある街にしていくことを狙います。

ワークショップはオンラインで

9月24日には、第1回目となるワークショップを開催します。その後は毎月1回のペースで実施し、来年1月まで続きます。ワークショップはいずれも19時から21時にZoomを使用しオンラインで実施されます。

来年2月には最終的な発表会が行われます。こちらは対面実施を予定しているとのことです。

応募条件は、満18歳以上(高校生は不可)で、全5回のZoom上でのワークショップに全て参加できること。北九州市外の方の応募も可能です。

応募締切は9月7日まで。専用フォームから希望するテーマを選択し、その他必要事項を入力すると応募完了です。

市は「若者と一緒に議論を行い、若者のアイデアを積極的に各種政策に活かしていきます」としています。

(北九州ノコト編集部)

◆「未来創造meeting@北九州」参加者募集/https://www.city.kitakyushu.lg.jp/kikaku/28500165.html

関連記事一覧