• グルメ
  • 北九州の「グルメ」を紹介!

北九州初出店「肉汁餃子のダンダダン」 小倉駅前にオープン

2月22日、「肉汁餃子のダンダダン 小倉店」がオープンしました。全国で約100店舗を展開する「肉汁餃子のダンダダン」の北九州初出店となる店舗。場所はJR小倉駅の小倉城口から徒歩2分、ファストフード店が2店並ぶ間の道を入ってすぐのところです。

看板商品は1年以上の歳月をかけて開発された「肉汁焼餃子」

全国で約100店舗を展開する「肉汁餃子のダンダダン」の看板商品は、「肉汁焼餃子」。食事の脇役として登場することが多かった“焼き餃子”を主役にしようと、1年以上の歳月をかけて開発されたものです。

皮には風味豊かな香りと栄養価を残した「全粒粉(7%)」を使用し、豚肉と野菜の自然な旨みを生かした餡を1つずつ丁寧に手包みして仕上げられています。現在では全国の店舗で1日1万個以上が食べられているそうです。

「ご飯のおかずにはもちろん、お酒のつまみにも合うように作られた餃子です。何もつけないで食べられるようになっていますので、まずはそのままお召し上がりください。自家製のラー油につけて味変していただくのもおすすめです」と同店。

“軽く1杯”から“しっかり食事”まで幅広く利用できるメニューを用意

「肉汁焼餃子」の焼き上がりを待っている間には、新鮮な「馬刺し」や「砂肝のニンニク漬け」「柚子キャベツ」「悪魔的に旨いパクチーサラダ」など、さっと提供されるメニューがお勧め。他にも「水餃子」や「手羽餃子」、ごはん類や甘味類など、多彩なメニューが揃っています。

また、「肉汁焼餃子定食」「肉汁焼餃子&自家製炙りチャーシュー定食」「自家製炙りチャーシュー定食」「油淋鶏定食」「麻婆豆腐定食」といった定食メニューは、ランチタイムだけでなく、夜の時間帯もオーダー可能なので、しっかりごはんを食べたい人から、お酒と餃子を軽く一緒に楽しみたい人まで、幅広く利用することができます。

テイクアウトメニューとして、「生餃子(冷凍)」や弁当も用意しているとのことです。

店舗ごとに違う味わいの“壁画”にも注目

写真提供:株式会社NATTYSWANKY

「肉汁餃子のダンダダン」といえば、店の壁に描かれた“壁画”も特長の1つ。新店舗がオープンする際には、「店に魂を込める」ため、自分たちの手で店の壁に字や絵を描く“入魂作業”を必ず行っているそうです。この“入魂作業”は、2011年、東京・調布市に1号店がオープンしたときから続いてきた大切な行事で、それぞれのお店ごとに違った味わいの壁画が生まれてきたと言います。

「肉汁餃子のダンダダン」98店舗目となる小倉店でも、想いを店に込め、店に愛着が湧くようにと、先日“入魂作業”が行われました。

店名 肉汁餃子のダンダダン 小倉店
住所 北九州市小倉北区京町2-4-32
営業時間 11:30~24:00
問い合わせ TEL093-383-9983

(北九州ノコト編集部)

関連記事一覧