• HOME
  • 記事
  • グルメ
  • 千草ホテルの「父の日」ギフトに和洋エスニック3種類の“肉茶漬け”

千草ホテルの「父の日」ギフトに和洋エスニック3種類の“肉茶漬け”

1914年に創業した「料亭千草」の伝統と技を100年以上にわたり受け継ぐ「千草ホテル」。料理自慢のホテルとして、地元でも知られています。

そんな千草ホテルから、「父の日」ギフトとして、「千草の贅沢・種の肉茶漬け」(4320円/木箱入り)が登場しました。

同ホテルの料理人たちが腕によりをかけた“お肉のお茶漬け”で、和「有馬山椒と茎山葵の牛しぐれ茶漬け」(60g・2食分×2袋)、洋「牛テールとドライトマトの洋風茶漬け」(60g・2食分×2袋)、エスニック「牛もつとスパイスのエスニック茶漬け」(60g・2食分×2袋)の3種の異なる味わいが楽しめます。

ホテル直伝 肉茶漬けをよりおいしく食べる一工夫

食べ方は、白ごはん(100~120g)に1食分(約30g)をのせ、熱湯を注ぐだけ。

「『有馬山椒と茎山葵の牛しぐれ茶漬け』は木の芽や針生姜、ゴマなどを少し添えると風味が増します。『牛テールとドライトマトの洋風茶漬け』は薄くスライスしたレモンを乗せてお茶漬けにするとサッパリとした後味に。『牛もつとスパイスのエスニック茶漬け』にはパクチー(葉または乾燥粉末)を加えるのもお勧めです」と、よりおいしくなる食べ方を同ホテルから教えてもらいました。

父の日ギフトの販売期間は、6月12日(土)〜20日(日)午前11時~午後5時。数量限定で、なくなり次第終了です。商品は、千草ホテル1階ダイニングカフェで受け渡しもしくは発送(配送料が別途必要)。インターネットでも予約申し込み可能です。

消費期限は冷凍30日。「解凍後は8日以内にお召し上がりください」とのことです。

詳しくは、千草ホテルホームページで確認できます。

■住所/北九州市八幡東区西本町1-1-1
■問い合わせ/TEL093-671-1131

※2021年5月29日現在の情報です

(北九州ノコト編集部)

関連記事一覧