• おでかけ
  • 北九州の「おでかけ」に関するさまざまな情報をご紹介します。
  • HOME
  • 記事
  • おでかけ
  • 「平尾台 自然の郷」が2日間限定で夜間開園! ペルセウス座流星群など星空観賞

「平尾台 自然の郷」が2日間限定で夜間開園! ペルセウス座流星群など星空観賞

(画像はイメージ 提供:画像AC)

平尾台 自然の郷は、8月12、13日の2日間限定で、夜間開園を実施します。3大流星群の中のひとつで、夏の風物詩ともいわれる「ペルセウス座流星群」のシーズンに合わせた“星空開園”です。

平尾台 自然の郷(小倉南区)は、日本有数のカルスト台地。国の「天然記念物」であり、「国定公園」「県立自然公園」の指定を受けた貴重な自然公園です。(紹介記事はこちら

“自然のプラネタリウム”で天体観測ができるチャンスですよ!

流星群の見ごろは12日22時

平尾台 自然の郷によると、「ペルセウス流星群のピークは12日の22時頃と予想されていますが、13日の夜も観測できる可能性が高い」とのことです。

観賞場所は、高原音楽堂前の芝生広場。最小限の照明となっているため、星空鑑賞がしっかりと楽しめます。

必要な持ち物として、レジャーシートや足元を照らすライト、夜の冷え・虫よけのための長袖・長ズボンを挙げています。

入園料は無料。駐車場は300円(普通車)となっています。

夜の開園は2日間限定

12、13日は夜間のみの開園となり、昼間は休園となるのでご注意ください。また、14日は臨時休園、15、16日は9時から18時までの開園となります(※7月23日〜8月23日の間、土日祝は18:00まで)。

平尾台 自然の郷では、新型コロナ感染拡大防止対策として、手洗いや手指の消毒、マスクの着用、ソーシャルディスタンスの保持、体調のすぐれない方の来園自粛を呼び掛けています。また、混雑時には駐車台数の制限を行う場合もあるということです。

観覧時は、月から離れた方向を広く見渡すと流れ星が見える可能性が高くなるようです。天体観測をする際は、マナーを守り、満天の星を眺めましょう。

(北九州ノコト編集部)

施設名 平尾台 自然の郷
住所 北九州市小倉南区平尾台1-1-1
交通 ・日田彦山線・JR九州・石原町駅より車で約15分(6.7km)
・JR九州・小倉駅より車で約34分(18.6km)
・ジャンボタクシー
中谷車庫~吹上峠・自然の郷・観察センター(大人600円、子ども300円)
JR石原町駅~吹上峠・自然の郷・観察センター(500円、子ども300円)
① 土日・祝日8便(4往復):3月中旬~11月末まで
② 予約便 9時~17時、3名以上で随時運行(093-452-0302)
電話番号 093-452-2715
営業時間 3月~11月:9:00~17:00、12月~2月:10:00〜16:00
(夏休み中の休日は18:00まで)
定休日 火曜日(火曜日が祝日の場合は翌日)
年末年始(12/29~1/3) ※1/1は初日の出会
入園料 無料
駐車場 300円(普)、1000円(大)
公式HP http://www.hiraodai.jp/sato/index.html
備考

 

関連記事一覧