「水環境館」で紙芝居と絵本の読み聞かせイベント【北九州市小倉北区】

(アイキャッチ画像:過去のイベントの様子<水環境館ホームページより>)

12月24日、水環境館で紙芝居と絵本の読み聞かせのイベントが行われます。

3回公演 参加無料

語り部は、笑顔広め太郎一座・山下博さん。目の前にいる語り部の声で、味わい深い絵本と紙芝居の世界へと誘ってくれます。

午後0時30分から、午後1時30分から、午後2時30分からの3回公演です。

市民の憩いのオアシス「水環境館」

川・自然・環境について楽しく遊び、学べる「水環境館」。紫川の水中を横から眺めることができる「河川観察窓」があるなど、全国でも珍しい施設です。小倉の街の中心部にありながら無料で利用できる、市民の憩いのオアシスでもあります。

中でも人気が高いのが、横から紫川を観察できる大型の河川観察窓。紫川にふるさとを愛する中学生のアイデアから生まれましたものです。クロダイやスズキ、ヒガンフグなど、紫川に暮らす生き物たちが窓の向こうに姿を現します。

また、紫川の河口部に位置し、海も近い水環境館付近は、淡水と海水が混ざり合う場所。タイミングが良ければ、川の水と海の水の境目「塩水くさび」を見ることができます。

「塩水くさび」(画像提供:水環境館)

最新情報は「水環境館」ホームページで見ることができます。

■住所/北九州市小倉北区船場町1-2
■開館時間/10:00~19:00
■定休日/火曜、年末年始
■入館料/無料

※2022年12月15日現在の情報です

(北九州ノコト編集部)

関連記事一覧