• グルメ
  • 北九州の「グルメ」を紹介!
  • HOME
  • 記事
  • グルメ
  • ステーションホテル小倉とグランダジュールが初コラボ 期間限定店が登場

ステーションホテル小倉とグランダジュールが初コラボ 期間限定店が登場

(「タルト・デ・シャンピニオン」写真提供:JR九州ステーションホテル小倉)

JR九州ステーションホテル小倉(北九州市小倉北区浅野)と「ネジチョコ」(既報)でもおなじみのグランダジュール(小倉南区葛原)のバレンタイン期間限定コラボスイーツショップが、「アミュプラザ小倉」西館1階(アミュキッチン)に、2月15日(月)まで登場しています(営業時間は午前10時~午後8時)。

グランダジュールとJR九州ステーションホテル小倉がコラボするのは、初めての試み。ホテルの宿泊者向けに「ネジチョコ」を提供していたことがきっかけとなり、今回のコラボ企画が実現したといいます。

店頭には、「グランダジュール×JR九州ステーションホテル小倉」コラボ商品の「ボンボンショコラ」(6種入り、1200円)・「焼菓子BOX」(大2200円、小1100円)をはじめ、「グランダジュール」の「生チョコ」(1111円)・「テリーヌショコラ」(1000円)・「オレンジショコラ」(1481円)、「JR九州ステーションホテル小倉」のホテルメイド商品として「バレンタインチョコ」(9種入り、1800円)・「ホテル焼菓子」(7種入り、1200円)・「バスクチーズケーキ」(ホール1500円、ミニホール300円)・「タルト・デ・シャンピニオン」(6種、各550円)が並んでいます。

※いずれも税別価格

色鮮やかな「タルト・デ・シャンピニオン」

この中で編集部が注目したのは、キノコに見立てたムースとタルトが一つになった色鮮やかな「タルト・デ・シャンピニオン」。シェフパティシエ・野澤武志さんのオリジナルで、本来はJR九州ステーションホテル小倉内にあるレストラン「八くら」(緊急事態宣言の期間中は喫茶営業休止)で楽しめるデザートです。

つやつやとした「タルト・デ・シャンピニオン」は、上の部分がムースなので、見た目よりも軽く食べやすいのが特長。種類は、「ジャンドゥーヤのタルト~ホワイトチョコとミルクチョコのムースと共に~」(水色)、「ピスタチオのタルト~フランボワーズとピスタチオのムースと共に~」(赤)、「パッションのタルト~マンゴーとアンズのムースと共に~」(黄)、「コーヒーとクルミのタルト~抹茶とマスカルポーネのムースと共に~」(緑)、「チョコタルト~カシスとミルクチョコのムースと共に~」(黒)、「塩キャラメルのタルト~コーヒーとピスタチオのムースと共に~」(薄茶)です。

◆アミュプラザ小倉 https://www.amuplaza.jp/amunews/amu_news.php?N=cn0000002254

(北九州ノコト編集部)

関連記事一覧