【大久保公園/門司区】雨でも遊べる全天候型の「高架下」公園

関門トンネル方面から、関門橋への入り口でもある門司港インターチェンジへ向かうと、インターチェンジ手前に陸橋が見えてきます。

その陸橋の手前左側に和布刈(めかり)へと続く道がありますが、その道を入って右手側、高速道路の下にあるのが「大久保公園」です。

高速道路下にあるので、雨や直射日光を避けるにはピッタリ

高速道路の下にあるため、昼間でも少し薄暗いのですが、その分、高架が屋根となってくれ、雨の日でも遊ぶことができます。年中、日陰なので、直射日光を避けて遊びたい時にもオススメです。

広々とした高架下のスペースに設置されている遊具は、すべり台、ブランコ、鉄棒。

数は多くありませんが、天気を気にせず、鉄棒の練習をしたり、公園内を走り回ったりすることができるのは嬉しいですね。

日差しが当たる部分には健康遊具も

高架下だけでなく、日差しが当たる手前の部分も小さな広場になっており、手入れされた花壇の美しい花々が迎えてくれます。

こちら側の広場には普通のベンチに加え、健康遊具の背伸ばしベンチも設置されています。

大久保公園から車で少し行った場所には、巨大なタコすべり台が人気の和布刈公園があるので、和布刈公園で遊んでいる時に急に天気が悪くなった場合は、全天候型の大久保公園のことを思い出してみるのもいいかもしれません。

■住所/北九州市門司区大久保2-1

※2021年8月28日現在の情報です

(北九州ノコト編集部)

関連記事一覧