• HOME
  • 記事
  • グルメ
  • 小倉北区「アフタヌーンティー・ティールーム」に栗とさつまいもの新作スイーツ登場

小倉北区「アフタヌーンティー・ティールーム」に栗とさつまいもの新作スイーツ登場

「アフタヌーンティー・ティールーム 井筒屋小倉店」に、秋のスイーツ&ティー新作メニューとして、栗とさつまいもを使った「渋皮栗と林檎のモンブランパフェ」「スイートポテトのショートケーキ」「マロンミルクティー」が登場します。

いずれも9月2日(木)からの提供スタートで、期間限定メニューとなっています。

秋の味覚を存分に味わえる「渋皮栗と林檎のモンブランパフェ」

編集部の注目は、「渋皮栗と林檎のモンブランパフェ」(紅茶付き1650円)。2種類の栗、濃厚なマロンクリーム、シナモンアップル、バニラアイスが重ねられたパフェは、さっぱりとした林檎風味ゼリー、カラメルスイートポテトとの相性も抜群とのこと。秋の味覚を存分に楽しむことができる一品です。12月27日(月)までの期間限定登場。

カラメルホイップをチョコスポンジでサンドし、濃厚なさつまいもクリームで仕上げた「スイートポテトのショートケーキ」(803円)、マロングラッセをイメージした芳醇な香りが広がるミルクティーにマロンクリームをトッピングして楽しむ「マロンミルクティー」(825円)も、この時季だけの限定メニューです。両メニューは11月17日(水)までの提供です。

秋らしいティーソーダやドリアもお目見え

上記で紹介した秋のスイーツ&ティー新作メニュー以外にも、さまざまな秋メニューが登場します。

「ぶどうと洋梨のラ・フランスティーソーダ」(825円)は、ラ・フランスダージリンのアイスティーに、ぶどう、洋梨を合わせた微炭酸ティーソーダ。「洋梨シロップを加えてお召し上がりください」とのことです。

食事でもしっかり秋の味覚を味わいたいという人には、「栗とローストチキンのドリア」(紅茶付き1540円)がオススメ。栗、ローストチキン、カリフラワー、ほうれん草、雑穀バジルライスを重ねて焼き上げられた濃厚なドリアには、キャロットラペ、かぼちゃのデリが添えられてします。

「ぶどうと洋梨のラ・フランスティーソーダ」「栗とローストチキンのドリア」の提供は、11月17日(水)までです。

栗を使った2種類の新作パンも楽しみ

また、店頭には栗を使った季節限定の新作パン2種類「マロンクリームミルフィーユ 」「栗のクリームパン」も登場します。販売は他の秋メニューと同じく、9月2日(木)からスタートです。

スイート生地にマロンクリームを重ねてミルフィーユ風に焼き上げられた「マロンクリームミルフィーユ 」(260円)は、ビターチョコがアクセント。11 月3日(水)までの提供です。

「栗のクリームパン」(238円)は、ラム酒が香るマロン入り自家製カスタードをスイート生地で包み、焼き上げられています。12月26日(日)までの期間限定。

また、アフタヌーンティー・ティールームには9月10日(金)からバースデー記念スイーツも登場予定とのことです。

■住所/北九州市小倉北区船場町1-1 小倉井筒屋新館1階
■営業時間/午前10時~午後7時
■問い合わせ/TEL093-522-3100

※2021年8月27日現在の情報です

(北九州ノコト編集部)

関連記事一覧