• HOME
  • 記事
  • 暮らし
  • 「フェリーふくおか」命名・進水式を実施 大阪~新門司航路に来年3月就航

「フェリーふくおか」命名・進水式を実施 大阪~新門司航路に来年3月就航

10月8日、三菱造船株式会社が建造中の「名門大洋フェリー」向け大型フェリー2番船の命名・進水式が行われました。

今後、艤装工事や試運転などを経て2022年3月に引き渡された後、現在運航している「フェリーふくおかⅡ」の代替船として、2022年3月から大阪~北九州・新門司航路に就航する予定となっています。

名門大洋フェリーとしては歴代最大 内装デザインのコンセプトは「ベイサイドシティのきらめき」

「フェリーふくおか」と名付けられた同船は、長さ約195メートル、幅27.8メートル、深さ20.3メートル、総トン数約15,400トンと名門大洋フェリーとしては歴代最大。675人の旅客定員と12メートルトラック約162台および乗用車約140台の積載能力を誇ります。

また、「with コロナ」時代を前提に、抗ウイルス・抗菌加工をはじめ、大部屋を廃止しベッド化するなど、安心・快適な空間でサービス向上を目指しているといいます。

近代的なウォーターフロントを感じさせる「ベイサイドシティのきらめき」をコンセプトとした内装デザインで、広々とした公共スペースと開放感のある展望レストラン、展望浴室、展望ラウンジが快適なクルージングを提供してくれるとのこと。乗用車用積載スペースを旅客甲板に確保し、客室の大部屋を廃止してベッド化するなど、空間の有効活用によるサービス向上を実現しているそうです。

命名・進水式の様子は、名門大洋フェリーホームページで見ることができます。

※2021年10月13日現在の情報です

(北九州ノコト編集部)

関連記事一覧