小倉北区紺屋町に久留米ラーメン「吉蔵」がオープン

7月7日七夕の日にモノレール旦過駅すぐそば、「小倉かまぼこ」の向かい側に久留米ラーメン「吉蔵」がオープンしました。

スープには豚の頭の骨のみを使用し、15時間以上煮込んで臭みのない濃厚でクリーミーなスープに仕上げるこだわり。国産小麦100%を使用した自家製麺は中細でもちもちとしているのが特徴のラーメン店です。

ラーメンは全5種類

今回はスタンダードな「久留米ラーメン白」(680円)を注文してみました。具材は、ネギやチャーシュー(2枚)にメンマ、キクラゲ、のり。さらに、追加のトッピングでお勧めだという「味玉子」(120円)ものせてみました。本場の久留米ラーメンはどろっとしたスープで独特な強い香りがありますが、吉蔵のラーメンはすっきりとしたスープで食べやすい印象でした。

その他にも「辛味ラーメン赤」(700円)、「黒ラーメン」(780円)、「チャーシューメン」(880円)、「特製ラーメン」(820円)とあります。

サイドメニューやセットメニューも豊富

サイドメニューは、ライス(150円)やおにぎり(180円)、チャーハン(650円)、カツカレー(800円)など豊富です。
ラーメンの価格に270円追加すると、餃子や半チャーハンなどを付けられるセットメニューは、がっつり食べたい人にお勧めです。

当面は午後11時までの営業となっていますが、今後は時期を見て夜中の午前3時まで営業する予定だそうです。

■店名/久留米ラーメン吉蔵
■住所/北九州市小倉北区紺屋町1-15
■営業時間/11:00~14:00、18:00~23:00
■店休日/なし

※2021年7月24日現在の情報です

(北九州ノコト編集部)

関連記事一覧