• HOME
  • 記事
  • グルメ
  • 資さんうどんに「ちょい飯シリーズ」3種が登場 うどん新メニュー4種も

資さんうどんに「ちょい飯シリーズ」3種が登場 うどん新メニュー4種も

北九州で約40年にわたり愛される「資さんうどん」に、10月13日から新メニューが登場しています。

うどんと一緒に食べたい「ちょい飯」シリーズ3種類

今回の新メニューの目玉は、「ちょい飯(めし)」シリーズ。来店者からの要望が多かった、うどんやそばと一緒に食べるのにちょうど良いサイズごはん。「ネギトロめし」「高菜明太子めし」「高菜かしわめし」の3種類があります。

ちょい飯で使用される“高菜”は同社が以前運営していた「ちゃんぽん響」の人気商品だった“高菜”をうどんに合う味わいにアレンジしたこだわりの一品とのことです。

うどんの新メニューは4種類

うどんメニューは「穴子海老天うどん」「肉玉丸天うどん」など新たに4種類が登場しました。

注目は、ジャンボサイズの「穴子天」と不動の人気を誇る「海老天」を合わせた「穴子海老天うどん」。専用の天ぷら粉でサクサクに揚げた天ぷらを、こだわりの”出汁”とモチモチの自家製うどんと一緒に楽しむことができます。

また、1年を通じて人気の「おでん」にも新顔がお目見えしているようです。

季節限定メニューも続々と登場しているとのことなので、いろいろなメニューを味わってみたいですね。

新メニューの詳細は「資さんうどん」ホームページで見ることができます。

※2021年10月14日現在の情報です

(北九州ノコト編集部)

関連記事一覧