• グルメ
  • 北九州の「グルメ」を紹介!
  • HOME
  • 記事
  • グルメ
  • おにぎりサンド専門店「コロンブスのたまご」 リバーウォーク北九州に10月23日オープン

おにぎりサンド専門店「コロンブスのたまご」 リバーウォーク北九州に10月23日オープン

10月23日(金)、リバーウォーク北九州に、“おにぎりサンド”10種を取り揃える「コロンブスのたまご」がオープンしました。

ベースは、北九州市民になじみのある“ベビーハム”と卵焼き

こだわりの具材をおにぎりで挟み、ハンバーガーのように食べるおにぎりサンド。そのすべてのメニューのベースとなっているのは、「ベビーハム」と「卵焼き」です。

「沖縄のソウルフード“ポークたまごおにぎり”はスパムを使用していますが、北九州で育った私たちにはあまりしっくりこない。そんな時、『スパムの代わりにベビーハムはどうだろうか』とスタッフから提案がありました。ベビーハムはお弁当に入っていたり、食卓に上がっていたり、北九州の人たちにとってなじみのある味。それでいこう!となりました」と店長の後藤さん。さらに、甘くも塩辛くもせず、他の素材を邪魔しない玉子焼きの存在が、ベビーハムの味わいを引き立ててくれます。

バラエティーに富んだ10種類を用意 お得なセットもあり!

写真手前は「アジフライコロさんど」

気になるメニューは、ベーシックな「エッグハムコロさんど」(260円)をはじめ、子どもでも食べやすい「アジフライコロさんど」「エビフライコロさんど」(各417円)、野菜のかき揚げが入ったボリューム満点の「アゲアゲお野菜コロさんど」(445円)、後藤さんイチオシの「うま辛プルコギコロさんど」(510円)など、多彩なラインアップ。

あらかじめ決められた4種類を詰め合わせにしたお得なセットもあります。「コロたまボックスA」(アジフライコロさんど・ナスうま辛味噌コロさんど・エビフライコロさんど・アゲアゲお野菜コロさんど、通常価格1631円→セット割1482円)、「コロたまボックスB」(アジフライコロさんど・うま辛プルコギコロさんど・エビフライコロさんど・アボカドチキンコロさんど、通常価格1854円→セット割1667円)の2種類。ちょっとした差し入れや手土産に持っていくと喜ばれそう。

カスタマイズできるタピオカティーにも注目

写真左から、「アッサムティー」「黒ゴマミルクスムージー」「沖縄黒糖ミルクティー」「果肉たっぷりいちごミルク」 ※いずれもMサイズ

「コロンブスのたまご」にはタピオカ専門店「フウチャ-fu-cha-」も併設されています。

氷の量や甘さ、トッピングなどカスタマイズできるので、おにぎりサンドと一緒に飲むのであれば、「アッサムティー」「鉄観音ウーロンティー」(各Mサイズ445円)などのお茶系を甘さ控えめにして合わせるのがオススメです。

食後のデザート代わりに、「沖縄黒糖ミルクティー」「果肉たっぷりいちごみるく」「黒ゴマミルクスムージー」(各Mサイズ510円)などをオーダーするのもいいかもしれませんよ。

一番大切なのは“笑顔” おにぎりサンドに込められた想い

店名の「コロンブスのたまご」は、新大陸を発見したコロンブスが「大陸発見なんか誰にでもできる」と批判した人々に対し、卵を立てることを試みさせ、誰一人できなかった後に、卵の先端をつぶして立たせて見せたという逸話に由来。「コロンブスのように、アイデアやヒントをどんどん出し、メニュー開発やお客様へのサービスなど挑戦し続けたい」と後藤さん。

また、何よりも大切なのは“笑顔”だと話し、「スタッフが笑顔でいることはもちろんですが、お客様にも笑顔になってもらいたい。落ち込んだりしている時に、おにぎりサンドを食べて喜んでもらえるように、“食べる人たちを笑顔にしたい、元気を出してもらいたい”という想いを込めて作っています」と続けます。

イートインでできたてを味わってもよし、テイクアウトして紫川や小倉城を眺めながら食べるもよし。思い思いに堪能してくださいね。

※価格はすべて税抜き

店名 コロンブスのたまご
住所 北九州市小倉北区室町1-1-1 リバーウォーク北九州1階
営業時間 10:00~20:00 ※10/23は19:00まで、10/24は11:00から
問い合わせ TEL093-573-1500(リバーウォーク北九州情報サービスセンター)

(北九州ノコト編集部)

関連記事一覧