• 暮らし
  • 北九州の暮らしに関する情報をお届けします。
  • HOME
  • 記事
  • 暮らし
  • 「JR下曽根駅」北口駅前のロータリーを再整備 乗降場所は一時的に変更

「JR下曽根駅」北口駅前のロータリーを再整備 乗降場所は一時的に変更

小倉南区のJR下曽根駅北口は現在、公共交通機関への乗り継ぎなど利便性を向上させるため、駅前の広場を整備しています。

広くなったロータリー

今回、長らく工事を進めていた駐輪場裏のロータリーがきれいに整備され、下曽根駅北口から曽根交番前までつながりました。

ロータリーは、これまでの2倍以上の広さになっています。

タクシーの乗降場や自動車整理場の場所は、7月28日から新しくなった駅前広場に変更となります。ロータリーの一部工事は9月30日まで続く予定で、タクシー乗降場については、工事が完成するまでの一時的な変更ということです。

旧駅前広場では、これまで停車が可能でしたが、今後は通り抜けしかできないため、送迎時などは注意が必要です。

新ロータリーにはパーキングも

駅前のロータリー内にあったコインパーキングは閉鎖し、新駅前広場に新しくコインパーキングが設置されました。自家用車10台分、福祉用車両1台分の駐車スペースとなっており、最初の20分は無料で利用できます。

JR下曽根駅前の整備はまだまだ続きます。完成が楽しみです。

(北九州ノコト編集部)

関連記事一覧