【2021年7月】北九州市にオープンした新店情報 全11店を一挙紹介!

北九州のローカルメディア「北九州ノコト」では、市内の新店情報を日々発信しています。

今回は「北九州ノコト」で紹介した今年7月にオープンした11店の情報を日付順にまとめて紹介します。気に入ったお店があれば、詳細記事も読んでみてくださいね。

1.「ネモコロ堂」(小倉南区下石田)/7月1日オープン

北九州発のシーズニングブランドを展開する「ネモコロ堂」の直営店が、7月1日、小倉南区下石田にオープンしました。

初となる直営店にはイートインスペースが設けられ、福岡県糸島の人気かき氷店「村上や」とコラボした、ここでしか味わえない“究極の雪菓子”を楽しめます。オススメの「平尾台ブルーベリーチーズレモン」は、自然豊かな平尾台で育てられた新鮮なブルーベリーを使用した北九州限定商品です。

だしパックや茶っ葉など、こだわりの商品が並ぶ物販コーナーもあります。

2.久留米ラーメン「吉蔵」(小倉北区紺屋町)/7月7日オープン

モノレール旦過駅すぐそばに、7月7日オープンしたのは久留米ラーメン「吉蔵」。

スープには豚の頭の骨のみを使用し、15時間以上煮込んで臭みのない濃厚でクリーミーなスープに仕上げるこだわり。国産小麦100%を使用した自家製麺は中細でもちもちとしているのが特徴のラーメン店です。

スタンダードな「久留米ラーメン白」をはじめ、ラーメンは全5種類。サイドメニューやセットメニューも豊富です。

3.「full full cafe」(小倉北区白銀)/7月9日オープン

こがね市場を出てすぐ目の前、元々は文具店があったというスペースが、7月9日、「full full cafe(フルフルカフェ)」へと生まれ変わりました。

昼と夜にそれぞれ店長がおり、昼はランチ・カフェタイムを、夜はクラフトビールなどが楽しめるバーとして利用できます。

店名の「full full cafe」の「full」には、「お腹いっぱい」という意味が込められているとのことで、「サンドイッチ」「おにぎらず」など昼間の営業時に提供されているメニューはどれも野菜たっぷりで全体的にボリューム満点です。

4.「ル・ミトロン」(小倉北区中井)/7月9日オープン

「毎日の暮らしの中で食べてもらえる食パン」を目指し、全国で16店舗を展開する「ル・ミトロン食パン」の小倉北店が、7月9日、小倉北区中井にオープンしました。福岡県内では2店舗目、北九州では初出店となります。

食パン職人が愛情を込めて焼き上げる食パンは、全6種類。定番の「プレーン」や、濃厚でずっしり食べ応えのある「チェダーチーズ」、季節限定商品などがあります。「プレーン」「パン・ド・ミ」は一斤での販売ですが、それ以外の食パンはハーフサイズも用意。

パン用小麦として世界で選ばれているカナダ産小麦粉や、奄美諸島のサトウキビを100%使用した素焚糖(すだきとう)など、厳選された材料が使用されています。

5.「by ROOTH」(小倉北区魚町)/7月14日オープン

小倉北区・ちゅうぎん通りに、7月14日グランドオープンしたのは、大牟田市にある人気ドーナツ店「ROOTH2-3-3」を手掛ける「ROOTH」の新しいブランド「by ROOTH」。

「デビルズラズベリー」「八女抹茶&ショコラブラン」「Rロイヤルミルクティー」「マンゴー&パッション」など全16種類が揃うドーナツや、コーヒー牛乳をROOTH風にアレンジしたドリンク「Black &White」が好評です。

生地にヨーグルトを入れ、手作りのコーティングで一つ一つ仕上げられたカラフルなドーナツは、直径5cmと子どもから大人まで食べやすいミニサイズ。BOX販売(5個入り・9個入り)のほか、スティック棒に刺さった単品販売もあります。

続きを読む
1 / 2

関連記事一覧