大雨による被災者を対象に北九州市が市営住宅等を無償提供

写真はイメージ(提供:写真AC)

北九州市は、8月11日からの大雨による被災者を対象に、市営住宅および住宅供給公社の賃貸住宅を無償で提供することを発表しました。

対象は、令和3年8月11日からの大雨により、全壊、半壊、一部損壊、床上浸水の被害をうけており、引き続き住むことができず住宅に困窮している人。提供戸数は、市営住宅20戸程度、住宅供給公社賃貸住宅10戸程度。 市内の人だけでなく、市外に居住している人も対象です。

使用期間は入居許可日から6カ月間(最大1年間)。使用料(家賃)および保証金(敷金)は全額免除となります。

申し込み・相談は、各区の「市営住宅・市公社住宅相談コーナー」で受け付けています。

受付時間など詳細は北九州市ホームページで確認できます。

※2021年8月19日現在の情報です

(北九州ノコト編集部)

関連記事一覧