小倉北区木町に「韓国ごはん ファジョン食堂」オープン

10月1日、小倉北区木町に韓国料理店「韓国ごはん ファジョン食堂」がオープンしました。

お店の場所は、スピナガーデン近くにある結婚式場「アーフェリーク迎賓館」の隣、ガソリンスタンドの裏手です。

イートインだけでなく、営業時間中は店内入り口の小窓からテイクアウトの注文も可能。現在はまだ準備中となっていますが、石焼き芋の販売も開始されるそうです。取材日はオープン初日でしたが、ランチ時はほぼ満席でテイクアウトの注文もたくさん入っていました。

惣菜がたくさん味わえる「スンドゥブ定食」

今回紹介するのは、ランチメニューの「スンドゥブ定食」(1078円)。メインのスンドゥブは具材がしっかり入っているので、食べ応え十分。定食には本場韓国の食堂のように惣菜がたくさんついており、取材日は、ナムル4種とチヂミ、サラダなど、10品以上がズラリと並びました。惣菜は日替わりで内容が変わるとのことです。

また、プラス100円でチーズトッピングができたり、プラス300円でご飯を石焼プルコギ丼に、同じくプラス300円でスンドゥブをテールスープに変更できたり、追加・変更も可能です。

ランチはオープン日からから10日間限定で、SNS特典を実施中。詳しくは「韓国ごはん ファジョン食堂」インスタグラムで確認できます。

ディナー営業では、単品メニュー以外に加え、「サムギョプサルコース」(3300円)と「ナッコプセコース」(3850円)のコースもあるとのことです。

■住所/北九州市小倉北区木町1-1-16 ハイツサンバード1F
■営業時間/ランチ 11:00~15:00(ラストオーダー14:30)、ディナー 17:00~22:00(ラストオーダー21:30)
※10月14日までは20:00までの営業

※2021年10月5日現在の情報です

(北九州ノコト編集部)

関連記事一覧